Apache CommonsのDateUtilsに機能を拡張する

 よくあるケースと思いますが、メジャーなライブラリにもうちょっと機能が欲しい時、そのライブラリを拡張して共通ライブラリとして使いまわしたりしますよね?
筆者がJavaを使う場合は、だいぶ前からApache CommonsのDateUtilsを拡張し、String・Dateの相互変換メソッドとかを追加していろんな開発案件で使いまわしてましたが、今回、文字列から日時型に変換するけど、どんな文字列パターンになるかが不明確、、という要件があったので、拡張していたクラスに機能を追加し、一般的に日時として使われる文字列からのDate変換機能を追加してみました。

で、テストです。

テスト結果
20170131 is null
2017-9-2 15:00:00 is 2017/09/02 15:00:00
2017/9/2 15:25:00 is 2017/09/02 15:25:00
2017年9月2日8時34分51秒 is 2017/09/02 08:34:51
2017年1月2日8時32分 is 2017/01/02 08:32:00
2017年12月31日午後11時集合 is 2017/12/31 23:00:00
2017年12月2日8時 is 2017/12/02 08:00:00
2017.12.2 PM8:00 is 2017/12/02 20:00:00
2017.12.3 AM8:25 is 2017/12/03 08:25:00
2017.01.31 is 2017/01/31 00:00:00
2017.1.32 is null

YYYYMMDDってのは、ここでは対象外です。だって、ただの数字の羅列は文字として日付とは言えないし。

カテゴリー: Java

ManagedBeanが非推奨になっていた

JavaEEでJSF2とJAX-RSを使った簡単な業務Webアプリを作っていたんですが、それまで作っていた開発環境のままWebLogicでローカルテストしてある程度動作するようになった後に、さすがにこの規模のAPにWebLogicを用意するのは無理!という事になったので、前にちょっと別件で使ってみたglashfish実装のpayaramicroで動くように変更してみました。
 まず、普通にweblogicで動かしていたwarをpayaraにデプロイすると下記エラーで失敗します・・

[[FATAL] No injection source found for a parameter of type public javax.ws.rs.core.Response

 正直あまり意識してなかったのですが、、やっぱりweblogicになると内包しているライブラリに依存しやすく、ちゃんと内部を理解していないと何が作用して動作しているかが解りにくいです。。
 エラーを見る限り、jax-rs関連でエラーになっている模様。
いろいろライブラリを置き換えていくと、既にManagedBeanが非推奨になっているようだ。。
結果pom.xmlは下記になり

@ManagedBeanを@Namedに置き換え、SessionScopedをjavax.enterprise.contextに変えたりして、ようやくpayaraで動くようになりました。

 で、とりあえず動かすことはできたとは言え、今やWebアプリを積極的にJavaEEで実装する理由が少なくなっている気がします。Wabアプリならphpとかruby on Railsでの大規模サイトの構築事例がたくさんあります。速度的なアドバンテージも今となってはキャッシュにより殆ど感じられないですし、その実装対象のシステムに何等かの制約やレガシーな理由が絡んでないと敢えてJavaEEを選択する理由は何だろう?JavaEEがいまいち普及しないのは結局の所、各実装はベンダー次第となっている事が結果的にアプリケーションサーバの実装次第となってしまい、Javaとして最大の魅力である(と筆者は思っている)OSを超えた一貫性というものが、各APサーバが内包しているライブラリがバラバラである事により、消え失せてしまっているような気がします。

JavaMailで送信日時が取得できないケースがある

 メールを受信する業務用ツールをJavaMailで実装して、かれこれ一年近く普通に使っていたのですが、新しい要件に沿った機能を追加してテストしていたところ、メールの送信日時を取得
javax.mail.Message.getSentDate()
でnullを想定しておらずエラーに。。
これまで何も問題がなかったのですが、どうもメールによっては取れないケースがある模様。
メールをemlファイルにして中身をエディタで見たところ、

問題無いケース Date: Fri, 23 Jun 2017 11:23:10 +0900
問題有るケース Date: Tue Jun 6 12:31:19 2017

 で、試しにemlファイルのDateヘッダを問題無いケースに書き換えてやってみたところ、普通にJavaMailで送信日時が取れた、、という事は?

 細かくは調べてませんが、問題となるメールはDate書式がMIMEの仕様に沿っていないようです。
仕様に沿っていないのか、仕様が明確でないのか、もしかして、仕様が明確になる前からあるSMTPサーバなのか・・?

 OutLook等の一般的なメーラーで見る限り、普通に送信日時として表示されます。
こういう場合、メールを受信する側からすれば、細かい箇所が仕様に沿っていなくても、問題無く処理できるものを用意しなくてはなりません。
とはいえ、なかなか事前に想定するのは難しく、メールみたいに昔からあるものは特に注意しなければいけませんね。。

カテゴリー: Java

backlog4jで課題を登録してみる

今度は、backlogへの課題登録を自動化したいという話があり、前回のredmineと似通った要件なので再利用箇所も多く、redmine java api部分をヌーラボ公認のbacklog4jに置き換えて実装してみました。
redmineとの違いはそれなりにありますが、backlog4jの方はKeyとIDを混同しやすい感じがします。例えば、課題のKeyはURLを見ればすぐ解りますが、IDの方は内部的なユニークな数値です。これに注意しながらbacklog用に前回のラッパークラスを置き換えてみました。

上記を呼び出すのはこんな感じ

後日談
GetIssieで3ヶ月経って問題発生・・・たまに課題の取得に失敗するようになりました・・・
下記のようにしましたが、最初からそうしろ!って事ですね。でも、3ヶ月は何も問題なかったのですが・・
public Issue getIssue(String issueKey)

カテゴリー: Java

redmine java api でチケットを取得してみる

 前回の続きで、今度はチケットを取得してみます。単純にチケットIDを指定して一つのチケットを取得するのでは無く、条件を指定し一括してチケットを取得して何かをするような要件への対応です。

 下記サンプルでは、クエリーを使用せずに、
ステータスID=2 かつ トラッカーID=10または11 かつ 題名に「テスト」を含む
という条件に一致するチケットを全て取得する内容です。
100件ずつチケットを取得して、100件以上のチケットがあればページ番号を変えて全チケットを取得します。

redmine java api でチケットを登録してみる

 redmineへのチケット登録を自動化したいという話があり、内容的には常時トリガーを拾って登録という感じだったので、javaの常駐プロセスでトリガーを拾う事を前提として、こちらを使用して実装してみました。
https://github.com/taskadapter/redmine-java-api
なお、登録対象のredmineは2.5系でしたが、それほどバージョンを意識しなくても大丈夫そうです。

事前準備として、対象のredmineへapi登録用のユーザーを用意し、登録対象のプロジェクトへの権限を付与、個人設定画面からapiキーを取得します。

その他、プロジェクトidやトラッカーid等のredmine内部で持っているidの値はブラウザからapiで下記のようにidの値を確認してセットとなります。ただ、redmine java apiには、様々なマネージャーがあるので、id指定でなくても都度問い合わせしてidを取得できそうです。

ソース的には下記のようなラッパークラスを作って、登録や更新を呼び出し側で簡略化出来るようにしてます。

下記の呼び出し側では、親チケットを作成してジャーナルを追加、子チケットを2つ作成し関連付けてます。

いろいろやってみましたが、redmineに対して殆どの事は出来そうです。

JAX-RSでWeb画面にドラッグアンドドロップされたファイルを読み込む

テキストファイルをサーバへアップロードしたいという要件があり、Web画面からファイルをドラッグアンドドロップできるようにして、それをJAX-RSで処理する事にしてみました。

下記の参考にさせて頂き、それらを組合わせただけと言えばだけですが。。

Jersey(JAX-RS)でファイルアップロード
HTML5 の File API でドラッグ&ドロップする

まず、JAX-RSのルートパスを指定します

次にファイルを処理するJAX-RS部分を作ります

これでファイルアップローダーのJAX-RSパスは、{コンテンツルート}/api/uploadになりました。

続いてJavaScriptの部分(殆ど上記参考から持ってきただけです。。)

最後にHTML部分のドラッグアンドドロップ部分です。
ここにドロップされたファイルがJAX-RSの処理箇所のInputStream に繋がります。

これでとりあえずはJAX-RSでファイル処理が出来ることが確認出来ました。

最後にPOM。

POIでエクセルファイルを読むにはStreamingReaderが必須っPOI

エクセルファイル内のシートをDBに取り込む要件があり、DBサーバであるlinux上で取り込む処理をする必要が出てきました。
とりあえずCSVにでも変換してしまえば後はどうにでもなるので、Apache POIを使って汎用で使えそうな簡易CSV変換ツールを作ってみました。簡単にテストした後、いざ対象となるエクセルファイルで実行してみたところいつまでたっても終わらないし、メモリを数G食うという異常な状態に。
 テストした時のエクセルは数千程度で、いざ実行したエクセルは数万規模の違いがあり、大量データが含まれるエクセルシートの場合にPOIでは問題があるみたいです。で、こりゃ何とかしないとと調べていくと、それを解消してくれる素晴らしいライブラリを発見。
https://github.com/monitorjbl/excel-streaming-reader

上記サイトのREADMEに従い、下記のようにWorkbookFactory.createの箇所を置き換えるのみでした。(inputはエクセルファイルのInputStream)

変えた後は何事もなかったかのようにちゃんと終わりました。
それにしてもPOIは非推奨メソッドをいつ置き換えてくれるのだろう?

カテゴリー: Java

JSF2でbootstrapのdatetimepickerを使ってみる

 前回、画面の日付入力にdatepickerを使ってみましたが、
bootstrapのdatepickerを使ってみる
今度は時間の入力も必要な画面を追加する事になり、datetimepickerを使ってみる事にしました。
 使用したのは下記です。日本語も対応されています。
http://www.malot.fr/bootstrap-datetimepicker
 ダウンロードしたJSとCSSをdatepickerの時と同じようにコンテンツディレクトリ配下のresource内に配置。
resource

xhtmlは下記のようになりました。aInfoという管理BeanにdispFromDateとdispEndDateの2つの文字列日付プロパティがあり、ボタン押下でgetListを呼び出し結果をresultListにdataTableで表示するという内容です。

なお、日付フォーマットは今回の要件的に秒も対象にしていますが、datetimepickerのUI自体は分までが対応範囲なので秒については直入力という整理です。

Coherenceと1年付き合ってみた

 OracleのインメモリーグリッドCoherenceを使った開発に携わり1年立ちました。途中の数ヶ月は別の事もやったりで比較的まったりやっていましたが、この辺でちょっと整理。別に筆者が選定した訳ではありませんが、今携わっている仕事でCoherenceを使う事になったのは、Webサービスでミッションクリティカルかつ、応答レスポンスの最小化という要件を満たす為でした。構成はこんな感じです。

構成

 上記のWebLogicにデプロイされているフロントアプリケーションと、別途バックにJavaVMで動作させているプロセスの両方にCoherenceのキャッシュデータが配置されます。フロントは静的かつアクセス頻度が高いマスタ系データをレプリケーションキャッシュとして配置、バック側は主にトランザクション系データを分散キャッシュとして配置することで、分散かつ他のプロセスにバックアップを取ってくれます。コンフィグ次第で他サーバとかにバックアップを取るようにも出来るようです。またバックキャッシュではキャッシュストアといって、キャッシュに無ければDBに取りに行ったり、キャッシュに入ったものをDBへ入れたりする機能が動作します。
 Coherenceに関してコードを書くところは、キャッシュに格納するデータとなるエンティティモデル、上記のキャッシュストア、その他必要に応じてイベント処理やビジネスロジック側の為にDAO的なものを用意するくらいです。

 まず、エンティティモデルとしてPortableObjectを実装します。こんな感じです。

 上記の例ではキー項目が取引年月日と所属先IDと取引番号の3つですが、KeyValueなので1項目のキーとしてgetIdというメソッドを入れてます。
 
 次にバックキャッシュ側で動作するCacheStoreを実装します。こんな感じ。

上記はDB書き込みのみの実装例です。

 この先はコンフィグを3つ書きます。凝った事をしなければフロント用もバック用も同じものでOKです。これらはJVM起動時オプションで指定します。クラスパス内ならファイル名だけ、外に置いてもフルパスで指定すればOKです。

 まず、キャッシュのクラスタ設定ですが、基本的にクラスタ名だけ書いておけば後は勝手に各プロセスが連携してくれます。
 起動オプションは、-Dtangosol.coherence.override=tangosol-coherence-override.xml

 次にPortableObjectとして実装したものをPOFコンフィグに書いておきます。番号は1000以上で適当に並べます。
 起動オプションは、-Dtangosol.pof.config=pof.xml

 最後に各キャッシュ構成として、キャッシュのタイプや構成、作成したキャッシュストア等を書きます。
 起動オプションは、-Dtangosol.coherence.cacheconfig=cache-config.xml

 上記ですとuserMstはレプリケーションキャッシュ、RequestTrnは分散キャッシュでOutOfMemory対策として1プロセス最大100万件まで、処理負荷分散の為にスレッドを3つ、キャッシュストアは応答レスポンスを意識してキャッシュ書き込み5秒後に非同期で動作するという内容です。最後のProxyはクラスタ構成プロセス外からのアクセス(*Extends)がある場合の受信口を用意している形になってます。なお、複数プロセスを動作させる場合は、PORTを個々に指定します。