特別徴収税額通知書がきた

 先日、市役所の方から「特別徴収税額通知書」なる書類が送られて来てました。
 
特別って、何??と思い中を開けると、どうやら源泉徴収の住民税版のようなものらしいのですが、いろいろ調べてみると、従業員が自分で住んでいる自治体に支払う「普通徴収」と、会社(事業所)の方が、従業員が住んでいる自治体に支払う「特別徴収」の2通りがあるようで、知らないうちに特別徴収義務者になっていたらしい。。

 封筒の中には、「特別徴収税額の決定通知書」と、6月分から来年5月分までの納付書が毎月分入っており、6月分は7月10日期限となっています。源泉徴収のように半年に一回支払いすれば済むものでは無いようなのですが、納付書があるのでまとめて先払いしちゃえばそれほど手間がかかるものでは無さそうです。とは言え、給料を払う前に税を払うという事は、経理上、源泉徴収とは逆の対処が必要そうなので、どうやるのかは別途調べないといけませんね。。

カテゴリー: 法人設立   作成者: bokusui パーマリンク
bokusui

bokusui の紹介

ソフトウェアハウスでのPG・SEから始まり、10年近く勤めた金融系企業の社内SEを数年前にやめ、フリーランス時代を経たのち最近法人成りしました。システム開発の全工程をこじんまりとやり続けています。