AI・業務自動化展を見てきた

 今やってる仕事のテーマ的に、業務自動化みたいな開発案件が多いので、何かいいものがあればという事で、幕張でやってるAI・業務自動化展に行ってきました。

 メッセの会場は、他テーマの展示とかも含まれているので結構な人でしたが、対象の展示範囲は狭く、今話題?のRPAから自動梱包マシーンまであり、対象は様々。AIというテーマではチャットとかボット、自動化というテーマではRPA系が多かったでしょうか。RPA系の中でも操作手順(シナリオ)の登録UIがいい感じの展示もありましたが、画面操作を自動化するという機能があればRPAって事になっているような感じなので、各展示の違いは解りませんでした。
 ちゃんと見たのは、昔DBツールとしてよく使ったObjectBrowserが、これからはAIを活用して画面イメージから設計書を自動作成するみたいなプレゼンくらい。これだと使用者がシステム開発関係者に限定されるので、何にAIが活用されどんなアウトプットが期待出来るか使用ケースが解りやすい感じです。

 結局、AI活用として今のところ実用性があるのは、画像認識と音声認識くらいですかね。それもGoogleとかMicroSoftとかが用意しているAPIを使用して何かするレベル以上にはまだまだな感じ。AIとかRPAとか言葉だけが先行して、その定義も曖昧なまま。。
 RPAとされているものが実現できるものって、ネイティブアプリを対象にさえしなければ、これまでエクセルマクロとかでちょいと1時間で作ったものと特に変わらないような。。

カテゴリー: 徒然草   作成者: bokusui パーマリンク
bokusui

bokusui の紹介

ソフトウェアハウスでのPG・SEから始まり、10年近く勤めた金融系企業の社内SEを数年前にやめ、フリーランス時代を経たのち最近法人成りしました。システム開発の全工程をこじんまりとやり続けています。