JAX-RSを使ってみる

今筆者が作っているサブシステムは、複数種類の定期ジョブとWeblogicで動作させる画面アプリと組合せなんですが、定期ジョブの実装方式として、JAX-RSを検討しました。

なんでジョブをJAX-RSで作るのか?という所なんですが、Weblogicデプロイモジュールに含めることでジョブ実行時のメモリ消費をインフラ設計範囲内に収める為(Coherenceキャッシュへのアクセスがある)と、ジョブ変更時のモジュール管理をサブシステムとして統一したいという理由です。

あと、ジョブ起動については既存のジョブ管理ツールに統一したいとの事なので、EJBスケジューリングは使えない前提です。というか、EJBスケジューリングの挙動検証がしきれてないので、お勧めするのを躊躇したという所なんですが。。

当然、そのままだと外部からアクセスできるので、セキュリティ対策としては要求元IPでフィルタする形で対応する事としてます。

簡単な汎用POSTリクエストモジュールを作成した後、JAX-RSとして動作する処理をJavaEEアプリ内に作成します。

Weblogicデフォルトではなぜか動かなかったので、
weblogic.jaxrs.server.portable.servlet.ServletContainerを使わず、
POMにjerseyを追加

web.xmlを上記に合わせる

JAX-RSソース(コンテキストルート/batch/JOB1のURLでPOST実行)

ジョブ管理の側はログファイルの検知をトリガーにするので、どのプロセスがログに書いたかはどうでもよく、これで行こうと思います

追伸 1年経って下記のような事もありました。。
weblogic.xmlのprefer-web-inf-classesをtrueにしたらハマった・・

カテゴリー: Java, JavaEE   作成者: bokusui パーマリンク
bokusui

bokusui の紹介

ソフトウェアハウスでのPG・SEから始まり、10年近く勤めた金融系企業の社内SEを数年前にやめ、フリーランス時代を経たのち最近法人成りしました。システム開発の全工程をこじんまりとやり続けています。