redmine plugin DMSFを入れてみた

文書管理をしたいという話があがり、redmineプラグインにDMSFってのがあるよ!
って事で、対象のredmineが3.3なので、DSMFは現時点の最新より一つ古い 1.5.9 を入れてみました。

redmine/pluginsにダウンロードしたソースを置き、redmineのルートディレクトリに移動。
最初
bundle install –without development test
とした後に
bundle execでインストールしようとしたが、redmineローカル内のGemとして入ってないと怒られた。
また、xapian-full-alaveteliというgemがどうも入らないので、こちらはGemfileの該当箇所をコメントアウト。

結果、
bundle install –without development test –path vendor/bundle
とした後に
bundle exec rake redmine:plugins:migrate NAME=redmine_dmsf RAILS_ENV=production
でとりあえず入った。

プラグイン設定画面はこんな感じ
一番下のテキスト検索の箇所が、入らなかったgemと関係している模様。文書検索できるならさらに素晴らしいが日本語は選択対象に無いので、とりあえずOFF。

利用対象とするプロジェクトの設定から、「文書管理」ってモジュールにチェックを入れて使用開始。

wikiの隣あたりから「文書管理」が開くようになり、ファイルをドラッグアンドドロップでアップロードできるようになりました。
同じファイル名はアップロードするごとに自動的にマイナーバージョン番号がアップされ、メジャーにするときはアップロード時に画面で指定します。

文書の更新履歴はこんな感じ。

他に承認ワークフロー機能があるようなので試したところ、承認ワークフローの設定で新規ステップと押しても反応しないのでログを見たら、DBエラーが出てました。
該当ソースのgithub履歴をみるとバグフィックスしたコミットがあったので、ステップが登録できるようになりました!承認者をORかANDで設定していく形です。

で、該当文書の右端チェックを押すとワークフローを適用できます。
今回試しに「ソフトウェア資料」というワークフローを作りレビュアー3名をOR設定、承認者1名をセットするとこんな感じで履歴が見れます。

とは言え、1.5.9は他にもバグがあるのでパッチをあてないとredmineの動きがちょっとおかしくなります。最新バージョンを入れてみれば良かったと後悔。。

DMSFによる文書管理をこれからどう運用していくかは、既存のファイルサーバ管理からの移行方針とか、プロジェクトの切り方といったredmine運用も考えた上でやらないといけませんね。

redmineでたまにInternalErrorが出るようになった。

 筆者が通っているユーザーさんでは、redmineに独自開発含めプラグインを10個くらい入れて使っているのですが、何時からかInternalErrorが出るようになり、その調査を依頼されました。
 状況的にはチケットの一覧や詳細を表示する時、たまにInternalErrorとなる事があり、ただ再表示すれば普通に表示されるという何とも解りにくい状況。。
 redmineのログには下記InternalError発生時の内容が出力されています。

i18nが関係しているようですが、たまにしか起きないし、それ以外に問題箇所を特定できそうな出力は読み取れません。
いろいろ試行錯誤してみますが原因は不明。。で、国際化対応が絡んでいるという事で、ログインユーザーの言語設定を英語に変えてみた所、相変わらずInternalErrorがたまに出るものの、ログの出力内容が変わりました。

で、エラーが出始めた時期とかを考慮すると、独自プラグインを入れた後なので、そのソースを眺めていると、en.ymlに不備を発見。直して入れてみると問題が解消したようです。

backlog4jで課題を登録してみる

今度は、backlogへの課題登録を自動化したいという話があり、前回のredmineと似通った要件なので再利用箇所も多く、redmine java api部分をヌーラボ公認のbacklog4jに置き換えて実装してみました。
redmineとの違いはそれなりにありますが、backlog4jの方はKeyとIDを混同しやすい感じがします。例えば、課題のKeyはURLを見ればすぐ解りますが、IDの方は内部的なユニークな数値です。これに注意しながらbacklog用に前回のラッパークラスを置き換えてみました。

上記を呼び出すのはこんな感じ

後日談
GetIssieで3ヶ月経って問題発生・・・たまに課題の取得に失敗するようになりました・・・
下記のようにしましたが、最初からそうしろ!って事ですね。でも、3ヶ月は何も問題なかったのですが・・
public Issue getIssue(String issueKey)

redmine java api でチケットを取得してみる

 前回の続きで、今度はチケットを取得してみます。単純にチケットIDを指定して一つのチケットを取得するのでは無く、条件を指定し一括してチケットを取得して何かをするような要件への対応です。

 下記サンプルでは、クエリーを使用せずに、
ステータスID=2 かつ トラッカーID=10または11 かつ 題名に「テスト」を含む
という条件に一致するチケットを全て取得する内容です。
100件ずつチケットを取得して、100件以上のチケットがあればページ番号を変えて全チケットを取得します。

redmine java api でチケットを登録してみる

 redmineへのチケット登録を自動化したいという話があり、内容的には常時トリガーを拾って登録という感じだったので、javaの常駐プロセスでトリガーを拾う事を前提として、こちらを使用して実装してみました。
https://github.com/taskadapter/redmine-java-api
なお、登録対象のredmineは2.5系でしたが、それほどバージョンを意識しなくても大丈夫そうです。

事前準備として、対象のredmineへapi登録用のユーザーを用意し、登録対象のプロジェクトへの権限を付与、個人設定画面からapiキーを取得します。

その他、プロジェクトidやトラッカーid等のredmine内部で持っているidの値はブラウザからapiで下記のようにidの値を確認してセットとなります。ただ、redmine java apiには、様々なマネージャーがあるので、id指定でなくても都度問い合わせしてidを取得できそうです。

ソース的には下記のようなラッパークラスを作って、登録や更新を呼び出し側で簡略化出来るようにしてます。

下記の呼び出し側では、親チケットを作成してジャーナルを追加、子チケットを2つ作成し関連付けてます。

いろいろやってみましたが、redmineに対して殆どの事は出来そうです。

gitbucketとredmineを連携させてみる

 そろそろちゃんとソース管理をしないとと思い、既に使っているredmineにgitbucketを連携してみました。
redmineを入れているcentOS6サーバにgitbucketを導入してみます。って、下記を見る限り
http://qiita.com/pppurple/items/2e614a836e2184f70997
とりあえずgitbucketを動かすならwarをダウンロードしてJavaコマンド実行するだけのようですが、
java -jar gitbucket.war
では、どうもうまく動作しません。

で、payara-microにデプロイする形で実行してみます。
java -jar payara-micro-4.1.1.163.jar –port=18080 –deploy gitbucket.war

フロントがapacheなので、httpd.confのProxyPass当たりを追加し、とりあえずはgitbucketの画面が出るようになりました。

次はredmine側にリポジトリを登録します。が、リポジトリのパスはどこなんだろうと調べると、gitbucketデフォルトでは起動ユーザーのhomeに隠れて作られているとの事。このパスをそのままredmineのリポジトリに登録してみましたが、NotFound状態・・

リポジトリのパスを変えないとredmine側から参照できないようなので、ホームディレクトリを指定する実行時引数を追加。

結果的にこうなりました。
java -Dgitbucket.home=/var/lib/gitbucket -jar payara-micro-4.1.1.163.jar –port 18080 –deploy gitbucket.war

gitbucket側でリポジトリを新規作成し、サーバ内に出来た拡張子.gitのファイルパスをredmine側のリポジトリのパスに指定します。

やっとredmine側から見れるようになりました。
redminerep

作ったリポジトリへeclipseから強制PUSHするとこんな感じでgitbucketのホームディレクトリを変える前にコミットしたのも含めてredmineから参照出来ました。分散管理っていいですね。
redminerep2

後日、init.shを作って別途サービス登録しておきます。