Springboot Securityのログイン画面がいい感じになっていた

 Springbootで作ったアプリを、そろそろユーザーに渡そうかというタイミングになりましたが、Springbootのバージョンが結構更新されているので、今更ながら最新に入れ替えてみました。
 それまでフレームワークは、spring-boot-starter-parentの2.0.1.RELEASEを指定していましたが、今見ると2.1系の次に2.2系が既に出ています。
 コードに影響があれば、そこまで最新にしなくてもいいかととりあえず2.2.4を試したところ、特に問題が無かったのでチェンジ。
 今回のアプリはsecurityのデフォルトログイン画面を使っていたのですが、更新したところ画面が変わりました。どうやら2.1から既に変わっていたようです。

2.0系はこれ

2.1系overはこれ

2.0系の見ためがしょぼいのでカスタマイズしようか考えましたが、中央寄せのいい感じのUIに変わってました。これならそのままでも違和感無いですね。

アプリの動作確認は終了、最後に、バージョンアップでこんな警告が出るようになったみたいなので、
2020-02-27 14:09:12 WARN JpaBaseConfiguration$JpaWebConfiguration spring.jpa.open-in-view is enabled by default. Therefore, database queries may be performed during view rendering. Explicitly configure spring.jpa.open-in-view to disable this warning

出ないようにapplication.ymlに追加

受け渡し準備OKです。
でもjarのファイルサイズはどんどん肥大化してます。。

カテゴリー: Java