人月の制約

ソフトウェア関係の書籍としてはあまりにも有名な「人月の神話」の冒頭に、プログラムをプログラミング製品(汎用性を持つデザイン、文書化、テスト等)にすると元の最低3倍のコストがかかり、プログラミングシステム(コンポーネントとしての使用に耐えうるようにするという事か)となるには、こちらも3倍かかるので、これら双方を兼ね備えたプログラミングシステム製品は結果9倍以上になるという記述があります。
で、現在ここでいうプログラミングシステム製品って何があるんだろうと考えますが、OSやJavaのようなプラットフォームしか思い当りませんね。
筆者のような日本にいる「システムエンジニア」と言われる人々は何を作っているのかと考えますと、企業内で使用されるシステムとかWEBサービスとかの構築がメインなんじゃないでしょうか?これらは、上記でいうところのプログラミング製品というものにも当てはまらないように思われます。文書化されてはいても、殆どの場合それを使う為では無く、どう作るか、またはどう作ったかという設計書としての文書だし、テストにしても到底あり得ないケースまで考慮してテストやったり、その為の実装したりってあまりやらないでしょ。
という事で、筆者の場合は特に個々の機能について見積もりをしない前提である為、「人月の神話」の世界にあるような大規模なシステム製品を作っている訳ではなく、参考になる所もあるけど、当てはまらない事が多いように感じました。
結局のところ、どこまでやるかがそのコストになるので、どこまで整理されたシステム構成にするか、どこまで完璧にテストするか、どこまで大多数の人が読める文書を作るかといった判断は、全て予定されたスケジュールと用意されたコストによってある程度決まってしまいます。結果的に「人月の神話」では無く、「人月の制約」の中で必要な機能を全てちゃんと用意した上で上記のような要素に対応するしかないのです。でも、それは全然悪い事では無いと思います。特に筆者のような仕事は、製品を作っているのではなく、エンジニアリングサービスを提供しているからです。
他者が書いた1システム全体のソースを読んでいると、そのような状況が何となく想像されますね。メンバー構成とか役割分担の仕方とか、テストで特に不具合が多かった箇所とか、アーキテクト的な全体を構成する立場の人がいたかとか。一番難しいのは全体の構成でしょうね。人によって読みやすいコードって多分違うので、コンセプトを理解した上でないと、良し悪しの判断さえ出来ないでしょう。

カテゴリー: 徒然草   作成者: bokusui パーマリンク
bokusui

bokusui について

ソフトウェアハウスでのPG・SEから始まり、10年近く勤めた金融系企業の社内SEを数年前にやめ、フリーランス時代を経たのち法人成りしました。システム開発の全工程をこじんまりとやり続けています。